チキタ・ヴァーニレージョの改修・改装・店舗

12月 15th, 2009 / by:URB / category:

IMG_0690IMG_0626IMG_0627IMG_0628IMG_0620IMG_0624IMG_0595IMG_0608IMG_0610IMG_0582IMG_0586IMG_0591IMG_0580IMG_0558IMG_0609IMG_0542IMG_0565

チビタ・デ・ヴァーニレージョは、13世紀から14世紀の中世山岳都市の中でも、際立った断崖絶壁に立つもので

す。新しい橋でも、どきどきするような高さですが、城壁の中には、さまざまな店や宿泊が計画されています。

現在進行形ですので、手がつけられて居ないものもありますが、600年から700年も経ってから、新しく利用で

きることは、今流行のサステイナブルなことの基本ではないだろうか。これは、文明的なサステイナブルではな

く、文化的なサステイナブルな見本である。どこの場所でも可能なサステイナブルは、文明的なものであるが、

その場所でしかできないサステイナブルは、文化的である。今流行のサステイナブルは、世界どこでも共通な

ものを目指しているので、あまりにも文明的であることによって、早晩その道が行き詰るに違いない。

近代建築の隘路と同じことになるのではないだろうか。壊せるものを造ることが持続可能なことに結びつくとい

われているが、このヴァーニョレージョのように、壊しきれないものこそ工夫を凝らして利用するだけに、その土

地の持つ条件や価値や文化を背景に新しい価値観で作り上げられるに違いない。

ウードゥ

12月 15th, 2009 / by:URB / category:

アラブの楽器ウードゥ演奏者常味祐司のコンサートに行きました。レックと呼ばれるシンバルつきのタンバリンの和田啓と共演でした。久しぶりに新しい世界を垣間見ました。アラブ音楽の音階やリズムの違いを知りました。一つ目は、アラブ音楽の音階は、ミが半音低く、シが半音高く感じましたが、ジプシーのロマの音階と同じではないかと思いました。日本の音階も西洋の音階と違っていますが、むしろ、西洋の音階のほうが数学的に無理やり決めた音階で、もっと感性を重視したらアラブの音階やロマの音階や和楽器の音階こそが、情感を素直に伝えるものなのではないか。西洋の音階で無理やり、東洋の情感を表現しているのではないか、音階からやり直すのが良くは無いか。この辺からアナログとデジタルの戦いがあったのだ。誰もが理解しやすいデジタルに向かうが、あるところを超えるところに来るとと誰もが理解できるできるが、デジタルでは表現できず、アナログでしか表現できない世界に入るに違いない。
二つ目は、弦楽器と打楽器の共演です。ヴァイオリン協奏曲とか室内楽とか弦だけの楽曲が多いクラシックに較べて、煽情的な雰囲気を作れる。クラシックが、宮廷音楽、貴族音楽として成立したことが原因で、打楽器の持つ煽情的で人を高揚させ、興奮させ、ついには激しい行動を誘発させることを避けるため、弦だけによる音楽を作ったに違いないと思いました。ローマ時代の戦闘場面で打ち鳴らされる太鼓や、西部劇の騎兵隊のラッパと太鼓の音、どれも人を高揚させ、興奮させ、闘いを挑む意欲が亢進する。同時に、クラシックの弦楽器が摩擦して音を出すのに較べて、ウードゥは撥で音を出す。日本の琵琶や三味線も撥を使うが、撥を使うということで打楽器と同じように強いリズムを作ることができる。打楽器による陶酔は、弦楽器による陶酔に較べて、煽情的であり、積極性が利あり、攻撃的である。民謡を歌うときの手拍子やアラブの音楽の手拍子も不足する打楽器を補充しているのではないか。
三つ目は、ウードゥの音と較べて、琵琶の弦から生み出される音は、単音的であるのは、乾燥した気候の中で惹かれるウードゥの奏でる弦の微妙な音が、日本の高い湿度の中では、その微妙さが表現できず、次第にシンプルな、明瞭な単音を求めるようになったたのではないかと思える。レックの打面も本来はエイの皮を使うが、に本の湿度ですっかり音が変わるというので、プラスチックにしているという。三味線も同じである。湿度などの気候や環境に適した楽器や演奏方法がそれぞれの土地で成熟してきたのに違いない。日本の横笛の鋭い調子は、あの湿った空気の中で鮮烈な音を響かせるためにあるのではないか。また尺八は、かすれた音質で、心に留まりやすい障りを持った音質を持っているのではないか。

ヴァンダイクのミュージアム クレーナーミューラー美術館

12月 8th, 2009 / by:URB / category:

IMG_2070IMG_2061IMG_2065IMG_2067IMG_2068

屋根が架かっていないと思っていきましたので、少々面食らいました。少し雨が持っても良いので、ガラスだけの屋根にして欲しかったです。それに期待していたスケールが半分以下のような気がして、ブロック大好き人間としては、寂しい思いをしました。さらに、彫刻なんか置くな!これそのものが彫刻なんだ!と一人でぶつぶつ言ってました。写真を見ると余計その思いが強いです。

デユウビフェ クレーラーミューラー美術館の彫刻

12月 8th, 2009 / by:URB / category:

IMG_2080 地面より二メートルほど高いところにできたうねる平面です。
>href=”http://www.urb-a.com/?attachment_id=418″ rel=”attachment wp-att-418″>IMG_2078
下から、この平面に上がってくる入り口の屋根です。
href="http://www.urb-a.com/voice/2009/12/08/414/attachment/img_2084/" rel="attachment wp-att-419">IMG_2084 これはその入り口です。汚れているところが扉なのです。
href="http://www.urb-a.com/voice/2009/12/08/414/attachment/img_2085/" rel="attachment wp-att-420">IMG_2085 平面のでこぼこな感じです。
href="http://www.urb-a.com/voice/2009/12/08/414/attachment/img_2086/" rel="attachment wp-att-412">IMG_2086 外側からは、うねる白い壁が続いています。

リートフェルトのミュージアムを見に行った時、見つけましたが、ルイジアナ美術館のものより大きくて、森の中にあって座っていると気持ちの良い広さがありました。一階のは入り口も見つけにくかった。知らない人は、白い壁があったと思って帰りますね。

ルイジアナ美術館の小物たち

12月 5th, 2009 / by:URB / category:

IMG_2272IMG_2271IMG_2263ne size-large wp-image-393″ />

デンマークのルイジアナ美術館は、大好きなところで三度ほど行ってますが、一日居ても足りません。奥のほうにある冒険砦のような彫刻は、少年に戻った気分になります。そこを通ってきた人の顔が違います。屋外の彫刻やそれの展示の姿も豊な空間をたっぷり持った展示で楽しいです。が、行くと必ず顔を見に行く小物の神様のようなものがあります。素焼きの小さなものですが、盗難にあったという情報があったら、疑われたいと思うほど愛嬌があります。美術館の鑑賞方法で、「作品を見ながら、もし盗んでいくならどれにするかという意識で真剣に見る」というのがありますが、私は、この二つをこっそりポケットに入れて、静かに立ち去りたいと思う。